「食生活」タグアーカイブ

食生活の欧米化によりオメガ3が減少!オメガ3で病気が予防できる!

あまり知られていないオメガ脂肪酸。脂肪酸という言葉がついているので一見、体に悪いものという印象を受けがちですが、オメガ脂肪酸の効果を知ると積極的に摂取したくなる素晴らしい成分です。

ではまずはその中でもオメガ3脂肪酸について語りたいと思います。オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種で人間の体では作ることができない必須脂肪酸です。最近流行した健康に欠かせない亜麻仁油やえごま油に含まれるαリノレン酸もオメガ3脂肪酸です。これらを摂取するとDHA、EPAに代謝され細胞の機能を高めてくれ、血液中の脂質濃度を下げてくれる働きがあります。

コレステロール値の改善や、動脈硬化の予防など今まさにオメガ3脂肪酸は注目され始めているのです。しかしなぜ今って思いますよね。近年アトピー性皮膚炎や喘息やがんなどの症状系の病気で悩む人が増えてきました。こういった炎症系の病気の原因はオメガ3が不足しているからだと言われています。

オメガ3脂肪酸はサケ、サバ、イワシなどの小魚に多く含まており、こういった魚をよく食べるイヌイットの人はガンや自己免疫疾患にかかる人がほとんどいないと言われています。日本も昔は魚中心の和食が多く、こういった病気にかかる人が少なかったのですが、戦後の食生活の変化により、近年では食生活が欧米化しています。それにより魚よりお肉を食べる機会が圧倒的に多くなり、オメガ3脂肪酸が常に不足するようになりました。

さらにオメガ6を大量に摂取して、オメガ3が不足するのが一番体に良くなく、炎症作用のバランスを崩すことになります。オメガ6は身体に必要な脂肪酸ですが、体の中で炎症を起こす物質なので、過剰摂取したりすると過炎症になり、炎症性の疾患に繋がってしまうおそれがあります。どちらも私たちの身体にとって必要な成分です。どちらかが多くなったり、少なくなったりしないようにうまく摂取することが重要なのです。

オメガ3は幼児の神経や脳の発達に不可欠な成分です。細胞の外側を取り巻く、脂肪層に直接吸収されて細胞のクッションやバリアの役割もあります。

日本ではあまり知られていませんが、アメリカではオメガ3は人気のある成分で、ビタミン、ミネラルに次いで人気のあるサプリメントなのです。

日本時の和食離れは深刻化しており、それに伴い、がんなどの患者も急増中しています。今一度私たちの食生活を見直すいい機会なのではないでしょうか。体によって何が良いか知ることが大切です。