DHA、EPAはお刺身で摂取!オメガ3効率よく摂取しよう!

オメガ3は体内で作りだすことができないため、食品としてしっかり摂取することが大切です。また現代の食生活は和食中心の生活から洋食中心の食生活に変化し、オメガ3を多く含む青魚などを摂取する機会が極端に減少しました。健康的な身体を作るためにはオメガ6の摂取を控え、オメガ3を増加させることが大切です。しかし今の食生活はオメガ6を含む食品が主食となり、オメガ3が極端に減少しています。これをオメガ3を多くとる食生活にすることが大切です。

こうやって書くとオメガ6があまりよくない成分に感じますが、オメガ6が不足すると皮膚の状態が悪くなったり、肝臓、腎臓などのトラブルが発生したりします。オメガ6も私たちの身体にとってとても必要な成分なのです。問題なのはオメガ6の過剰摂取なのです。オメガ6は悪玉コレステロールを減少させる効果はありますが、悪玉菌だけではなく、善玉コレステロールもを減らしてしまうため、アレルギーを促進してしまいます。今の食生活をオメガ3中心の食生活へと変化させるようにしまうしょう。

オメガ3を摂取しようと思うと、やはり体にいいと言っても要は油です。1グラム9キロカロリーもありたくさん摂取するとカロリーオーバーとなってしまうため、注意が必要です。

オメガ3を含むDHA、EPAを摂取しようと思うと青魚を摂取することが一番ですが、実は青魚は調理する方法によって含有量が変わってしまうのです。例えば唐揚げやアジフライにしていしまうと、揚げ油の中に半分以上成分が流れ出してしまいます。そのため、しっかりDHA、EPAを摂取したいのであれば出来るだけ生の刺身から摂取することが一番です。

またひと昔前に流行したチアシードにも多く含まれています。チアシートはスプーン1杯でさんま1匹分のオメガ3を摂取できるため、とても効率的です。またオメガ3以外にもブルーベリー1.3倍以上のポリフェノールや牛乳の6倍以上のカルシウムやホウレン草の5倍以上の葉酸が含まれておりまさにスーパーフードです。少量で十分な栄養素があったり、摂取しやすいのも魅力的です。オメガ3以外の成分も豊富なため、健康に気を使いたい、いつまでもきれいでいたいと思う人におすすめです。

オメガ3は私たちの身体を健康にしてくれる素晴らしい成分です。血管に細胞に、脳にと効果が幅広く、若い頃から摂取する習慣を身に着けておくことが今後の健康に大きく影響します。

簡単に始められるので、摂取を初めて見てはいかがでしょうか。