知ってしまうと摂取したくなるオメガ脂肪酸ってなに?

このブログのタイトルでもあるオメガ脂肪酸ってなにか知っていますか?聞いたことがないという人が圧倒的に多いのではないでしょうか。普段あまり聞きなれない言葉ですよね。

オメガ脂肪酸とは脂質を構成する脂肪酸のうちさらさらして常温で固まりにくい不飽和脂肪酸のことを言います。その中でも健康に有効的だと言われているDHA、EPA、ARAが注目されています。

ARAやDHAは毎日の食事において摂取することが必要な必須脂肪酸といわれています。ARAはアラキドン酸と言われ体内では細胞膜を構成する主要な成分で、脳や肝臓、皮膚などの組織に存在します。このARAは乳児の脳や身体の発達には欠かせない成分で、特に1歳未満の乳児は体内でARAを合成する力が弱いため、粉ミルクの中に含まれているものも販売されているほど重要な成分なのです。

DHAはよく耳にすることがあるのではないでしょうか?私は妊娠中に摂取すると生まれてくる子供の頭がよくなりますと言われ、今頑張って摂取したり、サプリメントを摂取することが大切と勧められました。赤ちゃんにとってお腹の中で脳が成長する時に摂取しておくことが一番のようです。DHAと言ったらマグロや脂の多い青魚に多く含まれています。サバ、サンマ、ブリ、ハマチもマグロほどではありませんが多く含まれています。

そしてもう一つもEPAも素晴らしい成分です。EPAはエイコサペンタエン酸と呼ばれ、体内でほとんど作ることができない必須脂肪酸です。ARAとDHAは脳に欠かせない成分でしたが、EPAは血液に欠かせない成分です。EPAは血液の性状を健康に保ち、血栓をできにくくしたり、高脂血症を予防してくれます。その結果、脳梗塞や動脈硬化、心筋梗塞の予防に繋がるのです。

EPAは血管血液の健康維持にとても重要であり、血液をサラサラにしてくれたり、中性脂肪を下げたりしてくれる働きがあります。

オメガ脂肪酸にはEPA、ARA、DHA がありますが、実はオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸と細かく分けられるのです。

DHA、EPAはオメガ3脂肪酸、ARAはオメガ6脂肪酸に分類されます。この他にもオメガ9脂肪酸もあります。オメガって時計のこと?なんて思っていた人もオメガ脂肪酸のことを知ると積極的に摂取したいと思える成分です。脳や血液に影響を与えるオメガ脂肪酸。これからこの成分の必要性を知ってしまったらあなたも摂取しないといられなくなりますよ。