オメガ9脂肪酸

ほとんど知らない!摂取出来ていない!オメガ3の油とは・・・

日本でもつい最近流行したえごま油。これにオメガ3脂肪酸が入っているって知っていましたか?私もお義母さんに教えていただきました。結構健康オタクで流行しているものをすぐに料理に取り入れてくれる流行最先端な母です。

一瞬、油と聞くと身体に悪いもののイメージがありますよね。出来れば取らないようにする方がいいものだと勘違いされる方も多々います。しかし油は細胞膜でホルモンの原料でもあります。オイルが不足すると肌トラブルが発生し、皮膚の乾燥や抜けがなどの問題が発生します。また体の内面的な免疫トラブルやホルモン関係の病気になりやすくなるといった障害が起こってしまいます。良い油を取ることは健康にも美容にも欠かせないことなのです。人間が生きていくために必要なオメガ3、オメガ6、オメガ9といった脂肪酸があります。オメガ3、オメガ6は体内では作り出すことができないため、積極的に摂取するが大切です。

ではどんな油に含まれているのでしょか?

オメガ3には亜麻仁油、えごま油、しそ油があげられます。えごま油はここ最近流行していたので知っている人もいるかと思いますが、実際摂取したことがない油がほとんどではないでしょうか?オメガ3は積極的に摂取しておくことが重要な成分ですが、あまり私たちにとって身近なものではないのが現状です。

次にオメガ6には大豆油、ゴマ油、ひまわり油、サラダ油、コーン油です。身近な油ばかりではないでしょうか。オメガ3を増やして、オメガ6を減らすことが理想に対して、オメガ6を圧倒的に多く摂取していると感じる人がほとんどではないでしょうか?オメガ6の油は安価であり、加工食品や、スナック菓子にも使われているのもオメガ6の油です。

オメガ9に分類されるのがオリーブオイル、キャノーラ油、菜種油、アボカド油があげられます。オリーブオイルを使用している家庭は多くありますが、それ以外はなかなか使用したことのない油が多いのではないでしょか。

オメガ3とオメガ6の理想の割合は、1:1~1:4です。しかし現代人の食生活は1:20程度と言われており、オメガ3の不足は深刻的です。またオメガ3のお油は一般的に高価なものばかりです。

健康のためには摂取することが大切なオメガ3の油。しかし、高価なことやあまり知られていなことから家にいつもあるよという家庭も少ないのが現状です。しかしほんの少量でも食卓に加えていくことが健康への第一歩なのです。